映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』のレビュー

作品情報

邦題: 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』
原題: Captain America: Civil War
種類: 実写映画
分野: アクション、アメリカン・コミックス(アメコミ)
米国公開日: 2016年5月6日
日本公開日: 2016年4月29日

評価

★★★★★

あらすじ

キャプテン・アメリカが戦闘中、爆弾を持った男に襲われ、間一髪と言うところをワンダに助けられたが、爆弾が爆発した際に、一般市民が多数死亡するという事態を引き起こした。これが引き金となり、アベンジャーズが世界各地で野放し状態で暴れ回っていることが問題化し、アベンジャーズを国連の監督下におくという話になる。その結果、アベンジャーズは、これに同意した者たちとこれを拒否した者たちに分裂してしまう。そして、拒否した者は引退することになる。

ところが、その後、すぐにテロが発生。引退したキャプテン・アメリカが容疑者をかくまおうとしたため、キャプテン・アメリカに同調するメンバーがキャプテン・アメリカを助け、国連の監督下に身を置くことにしたメンバーがそれを阻止しようとして、戦闘に発展する。これに上記のテロで指導者を失った国から新たな超人が参戦、それ以外にもスパイダーマンやアントマンが加わって、激しい戦いが起き、再起不能となる重傷を負う者も出る。

結局、テロを実行したのは、その容疑者ではなく、アベンジャーズの活動により某国で家族を失った者の犯行で、その目的は、アベンジャーズを分裂させ、互いに殺し合わせることだった。

テロ犯は逮捕されるが、アベンジャーズは内部対立の状態が解消せず、以前よりも激しく敵対した状態で終わってしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です